肌が垢抜けて見えるベージュ・ブラウンリップのリスト

Photo by Sixteen Miles Out on Unsplash

口紅の色は、いくつかの研究結果が示すことでありますが、全体的な肌の色の印象に影響を及ぼします。
つまり、口紅の色の選び方で、肌をきれいに見せることもくすんで見せることもできるということです。
私のメイクアップコンサルティングの仕事において、クライアントのメイクアップが成功するかどうかは、口紅の色を適切に選べるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。

ここでは、私が仕事やプライベートでも愛用している「肌が垢抜けて見える口紅」を紹介します。(随時更新予定です。)

肌の色が垢抜けるとは以下のようなイメージのことです。

  • 肌がクリアで健康的に見える
  • 頑張っている感がなく、自然
  • 古臭くない

おすすめはベージュ~ブラウンの口紅

肌の色を垢抜けさせたいなら、ベージュ~ブラウンカラーの口紅がおすすめです。

といっても、ベージュ・ブラウンであれば何でも良い訳ではありません。
ベージュの場合、明るすぎるもしくはピンクに寄り過ぎる色では、肌の色をきれいに見せる効果は薄いです。
しかしながら明るいピンクベージュの口紅は、日本では大変人気があります。
ピンクベージュの口紅は、口紅単体で見ると非常にきれいな色で、購買意欲をそそるのだと思います。
しかし、肌の色をきれいに見せてくれるベージュはその色ではないのです。

ベージュの口紅を選ぶコツは、「濃い」色を選ぶことです。
自分の肌の色よりも濃い色を選ぶのです。
濃い色を選ぶので結果的にベージュと言うよりもブラウン寄りの色になることもあるでしょう。

色というのは、必ず同じ色に見えるわけではありません。
隣り合わる色によって見え方が変わります。
例えば、くすんだ色と鮮やかな色を隣に合わせて並べると、くすんだ色はよりくすんで、鮮やかな色はより鮮やかに見えます。
これは色の対比現象と呼ばれ、脳の知覚現象によって起きます。
肌と口紅でもこの現象は起きます。
口紅が肌よりも淡い色だと、肌は知覚現象でより濃く見えます。
肌の色が濃く見えるということは、日本人の肌の色の場合はたいていくすんで見えやすい方向への変化になります。
濃い色を口紅を付けると、逆に肌は薄い色に感じ、それは結果として、肌が明るくクリアに感じ、すっきりと垢抜けた印象の肌に感じます。

少し意地悪な言い方をすると、自分の肌をきれいに見せる踏み台にするために、肌よりも汚い色を口紅の色として選ぶのです。

クライアントの仕事の現場において、これは、言葉で説明するほど簡単なことではありません。
例えば、クライアントにおすすめの口紅の色を見せると「こんな汚い色・・・」と驚いたトーンだったり、中には、悲しいトーンで反応される方もいます。
使いたくないと拒否される方もいらっしゃいます。
自分の唇に塗るものですから、好きな色・きれいな色を選びたいという気持ちになるのは当然のこと。
しかし、口紅の色をきれいに見せるために自分の肌が引き立て役になっていたのでは、それこそ悲しいです。
一度、騙されたと思って、濃いベージュ・ブラウンを試してみませんか?
あなたの新たな魅力が発掘されるかもしれません。

赤やピンクの口紅の場合はどうなるの?

もちろん、赤やピンクでも、濃い色を選んだほうが、肌の色は明るく健康的に見えます。
口紅は、肌の色よりも濃い色、つまり、肌よりも暗くそして鮮やかな色を選ぶのが鉄則なのです。

脳の知覚現象を最大限にメイクに活かす

一つ重要なことがあります。
先程説明した色の対比現象は、隣り合わせる色が似た色であるほど強く起きるということです。
脳は曖昧なことを嫌うので、微妙な色の違いはより認識しやすいように、濃い色をさらに濃く、薄い色をさらに薄く見せる、これが対比現象の原因だからです。
つまり、肌により近い色味で、少しだけの差で、濃い色の口紅を付けたときに、もっとも肌の色を明るく認識する知覚現象が起こるのです。
脳が起こす知覚現象を最大限に利用して肌をきれいに見せるテクニックが、ベージュ~ブラウンの口紅を付けることだと、著者は考えています。

こなれたオシャレ感はまるでモデルのインスタのよう
「3CE 3CE MOOD RECIPE LIP COLOR #116 INKED HEART」

もっともおすすめのベージュリップが3CEの#116番。
基本的におしゃれな色が揃っている3CEですが、その中でもこの色、そしてこの質感がおしゃれさNo.1です。

質感は極めてマット。口紅自体の色はベージュと言うよりレンガのようなブラウンです。
肌がくすんで見えやすい方、唇の色が濃く紫っぽい方におすすめの口紅です。
唇のくすみや紫味もしっかり隠して、顔全体の肌の色を明るく健康的に見せてくれます。
リップブラシで丁寧に塗ると、こなれたおしゃれさの中に大人の色っぽさが漂う雰囲気に仕上がります。
このリップは極めてマットな質感なためリップブラシのほうが塗りやすいです。

値段のチープさが信じられないくらいのシックな色
「ちふれ リップスティックY 651」

安物でダサいなどと思っている方もいるかもしれませんが、以外におすすめな色が多いのがちふれです。
特に口紅は、他のドラッグストアのコスメブランドよりも使える色が多いです。
その中でも、仕事で提案した回数がもっとも多いのがこのベージュです。

質感は程よいマット。先の3CEよりもソフトでナチュラルな印象です。
知的な印象にも、モードな印象にも、上品な装いにも似合う色で、つぶしの効く1本というところでしょうか。
守備範囲の広さに加えて、値段とドラッグストアで購入できるコストパフォーマンスの高さを考えれば、最強の口紅とも言えます。

ソフトで上品なベージュがほしいならコレ
「ちふれ 口紅(詰替用) 647」

他のブランドを探していないわけではないのですよ。
ドラッグストア中、探し回って、結局、ちふれになるんです。
それくらいちふれは使える色が多いというよりも、他のブランドに使える色が少ないと言ったほうが正しいです。
こちらの色は、どちらかと言えば普通~色白の方向けで、ちふれ651よりもさらにソフトな印象で、フェミニンな雰囲気に仕上がる色です。

質感は程よい艶のあるクリーミー質感。先の2つよりも使いやすいベージュ口紅です。

以上、著者がメイクコンサルタントの仕事で愛用している実力派ベージュ~ブラウンのリップの紹介でした。
この他にも良いベージュ~ブラウンリップを探しているので見つけたら随時更新します。