メイク質を落とさずにコスメ代を安くする方法

化粧品にお金がかかって困っている方、もっと低予算でメイクを楽しみたい方。メイクの節約術をリストアップしてみました。

  1. メイクアイテム数を減らす
  2. まずは、近所のドラッグストアで探す
  3. ネットで韓国コスメもチェックする
  4. メルカリを最大限に利用する
  5. 身近にディスカウントショップがあれば利用する
  6. デパート系コスメを定価で購入するのは最後の手段

1. メイクアイテム数を減らす

メイクをするとき、あなたはいくつのアイテムを使用していますか?

別の記事で詳しく書きますが、著者が、一般的な方の日常的なメイクで、必要だと思われるメイクアイテム数を数えたところ、多い方でも11個です。

一般的に必要だと思われるメイクアイテム
  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー
  • 仕上げ用プレストパウダー
  • チーク
  • リップ
  • アイブロウパウダー
  • アイブロウマスカラ
  • アイシャドー
  • マスカラ
  • アイライナー

上記にあげたリストは、私が仕事用に常備しているアイテムで、各々に全てが必要なわけではありません。

例えばパウダーファンデーションを使う方には仕上げ用プレストパウダーは不必要ですし、リキッドファンデーションを使う方は、日焼け止めさえしっかり塗れば、化粧下地は特に必要ではありません。アイブロウマスカラは眉毛を明るい色にしたい方のみ必要です。コンシーラーも不必要な方はたくさんいます。

したがって、必要なアイテムは、このリストよりも少なくなる方の方がほとんどです。

上記以外のアイテムを利用している方はそもそも不必要なメイクアイテムを購入している可能性があります。

当然のことですが、メイクアイテム数が増えると、メイクの手順も増えるわけなので、減らすことは節約だけでなく時短にも繋がります。

自分にとって不必要なアイテムを買い続けていないか一度チェックして、必要なアイテムだけを購入するようにしましょう。

2. まずは、近所のドラッグストアでプチプラコスメで探す

新しいメイクアイテムが欲しいと思ったら、まずは近所のドラッグストアで売っているプチプラコスメブランド(500円代~1500円くらい)でいい品があるか探してみましょう。

主なドラッグストアのプチプラコスメブランド
  • CANMAKE(キャンメイク)
  • KATE(ケイト)
  • INTEGRATE(インテグレート)
  • MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)
  • Visee(ヴィセ)
  • FASIO(ファシオ)
  • ちふれ
  • CEZANNE(セザンヌ)
  • MAYBELLINE(メイベリン)
  • excel(エクセル)
  • kiss(キス)

値段が高いものから検討するのではなく、まずは値段が低いものから検討するのがコストを抑えるコツです。

この価格帯で気に入った商品が見つかれば気軽に購入して試せるうえ、リピートして購入するのにも適しています。

ここで多くの人が気になるのが、

「プチプラコスメで良質なメイクアイテムが見つかるのか」

という点だと思います。

プチプラコスメの中にはあなたをきれいに見せてくれる最良コスメはたくさんあります。最良コスメかどうかを判断する審美眼が必要なだけです。

一方、高級なデパートコスメの方が優秀なコスメが多いのかといえば、そうではありません。たくさんある商品の中から自分に適した最良コスメを見つけ出さないといけないのは、プチプラだろうが高級デパートだろうが同じなのです。

自分をきれいに見せてくれる最良コスメの選び方については他の記事に詳しく書くことにします。

プチプラコスメで良い商品が見つからなければ、中価格帯ブランド(2000円~3000円くらい)で探します。

主なドラッグストア中価格帯メイクブランド
  • MAQuillAGE
  • Primavista
  • AUBE
  • ESPRIQUE
  • COFRET D’OR

この価格帯で見つかったからといってすぐ買ってはいけません。例えば、毎日たくさん使う日焼け止めが3000円だとすると、やはり私は高いと思います。では、減りが遅いアイシャドーなら3000円でも?いやいや、やっぱり高いよ、と私は思うのです。共感した方、お安く購入する方法があるのでドラッグストアでは色を試すだけにしておき、この記事を読み進めましょう。

なぜドラッグストア?

メイクアイテムを購入するのに一番おすすめの場所は、家の近所にある大きなドラッグストアです。家からサッと行けるドラッグストアで、通勤や通学の途中にあるドラッグストアでもいいでしょう。

なぜかというと、お化粧品を買いに出かける交通費や労力もメイクにまつわるコストだからです。メイクアイテムは消耗品です。なくなれば買いに行かなくてはなりません。そのたびにおしゃれして交通費を使って遠くのデパートまで出かけるのは非効率なのです。「いつも日用品を買い足しているドラッグストアでついでにメイクアイテムも買う」というスタイルが一番スマートだと著者は思います。

大きなドラッグストアがいい理由は、品揃えが豊富であり、店内が明るく、人が密集しないのでテスターを試しやすいです。

デパートや化粧品メーカーのカウンターは、色などを選んでもらえるので、ラクに似合うコスメが見つかるように思うかもしれませんが、実は勧められたその商品は、その美容部員さんもしくはメーカーが売りたい商品であって、必ずしもあなたにベストなアイテムではないかもしれないのです。

さらに、これは、私が長年多くの化粧品カウンターをまわって実感したことですが、美容部員さんの中にはお客さんに忖度をする方がいます。お客さんに本当に似合うコスメではなく、お客さんが欲しくなるコスメをすするのです。

例えば、色白になりたい方には、明るい色のファンデーションが合うとすすめ、ピンクが好きな方には(ピンクが似合わなくても)ピンキッシュな口紅をすすめる、といったことがあります。

美容部員さんは嬉しい存在のようであり、実はトラップでもあるのです。

本当は欲しくないのに美容部員さんにすすめられてイヤイヤ商品を購入した経験はありませんか?

試したい商品や色があったのに、美容部員さんに別の商品や色をすすめられてしまい、結局試せなかった、なんてことありませんか?

自分で自分に似合う優秀コスメを選ぶ審美眼があるなら、ひとりでじっくり試した方が失敗しません。

美容部員さんがおらず、店員さんもお客さんもまばらで、広々と明るい郊外のドラッグストアは化粧品選びにもっとも適した場所なのです。

3. ネットで韓国コスメもチェックする

ドラッグストアのプチプライスコスメをさんざん探し回っても良いメイクアイテムが見つからなかったなら、次におすすめするのは韓国コスメです。

日本で購入できる韓国コスメは、日本の中価格帯ブランド~プチプライスブランドの価格帯で購入できるものがほとんどなので、プチプライスコスメで見つからなければ韓国コスメも積極的に探してみましょう。

韓国コスメブランドはカラーバリエーションの幅が広く、日本のコスメメーカーが販売していない色も多いです。

とくにおすすめなのはブラウン系やビビットな色のチークとリップです。日本のコスメメーカーはピンキッシュな色や明るい色・ソフトな色は豊富ですが、ブラウン系・ビビットな色は少なめです。しかし、ブラウン系やビビットな色は、意外と日本人の肌の色をきれいに見せる効果が高いです。ぜひ、韓国コスメを試してみましょう。

おすすめ韓国コスメブランド
  • ETUDE HOUSE
  • 3CE
  • 16brand文章

韓国コスメの欠点は、ドラッグストアコスメよりも購入するのが難しい点です。都市部や駅チカなら、ドラッグストアにも置いてある場合もありますが、一般的な地方のドラッグストアには置いてない場合が多いです。

家からのアクセスは悪くなると思いますが、ロフトや東急ハンズといったバラエティショップを覗いてみましょう。また、ETUDE HOUSEなら各地に専門店があります。

気に入った商品があればネット通販でリピートします。ブランドがオンラインショップを持っている場合もありますし、アマゾンで送料無料で購入できるものもあります。

身近に韓国コスメを試す手段がない場合は、ネット通販で選んで買うしかありません。ネット通販ではテスターを試せません。画像の色と実際の塗り色は異なるので、ネットでのコスメ購入は一種の「賭け」になります。したがって、ネット通販は上級者向けの手段です。

とはいっても、失敗してしまったときの奥の手があるので、気になる方はさらに読み進めましょう。

3CEならオンラインショップ↓で購入できます。アイテムのデザインがお洒落で、モデルさんの画像がきれいなのでサイトを観ているだけでも楽しいです。

話題のウユクリームから発色の良いリップまで!韓国コスメブランド★3CE★


4. フリマアプリを最大限に利用する

デパートコスメや中価格帯のコスメを低予算で使いたいなら、 フリマアプリでの購入がおすすめです。 「中古のコスメは生理的に嫌だ」という方以外はぜひ試してみてほしいです。

もちろんプチプライスコスメも出品されています。プチプライスコスメをさらにお安く買うことができるのでこちらもおすすめです。

私はいつもメルカリを利用していますが、お好きなフリマアプリでいいでしょう。

フリマアプリを使用したいタイミングは以下の通りです。

  • リピートしているアイテムを安く購入したい
  • ちょっと試してみたいコスメがある
  • 高級デパートコスメを使いたい
  • 買ってみたけど気に入らなかったコスメは売る

いつもリピートしているアイテムの購入

フリマアプリでは色や使用感を試すことはできませんので、安心なのはリピートしているアイテムの購入です。

ほぼ新品とか、全くの未開封の商品も出品されている場合があるので、リピートアイテムが新品よりも安く出品されていないか探してみましょう。

複数の色が入ったパレットタイプの商品は、人によって気に入って使用する色が異なります。こっちの色はもう無いけど、こっちの色はほぼ全量残っているといった商品も出品されています。こういった商品はかなり安い値段で出品されているので狙い目です。

ちょっと試してみたいコスメがある

いいかどうかわからないけどちょっと試してみたい場合ってありますね。テスターを試せればいいけど、お店が遠いとか、通販のみの韓国コスメのようにテスターが難しい場合もあります。

こういった商品こそ、フリマアプリで探しましょう。

「もうあと少ししか残っていない」とか「ケースは傷だらけ」といった商品が出品されています。こういった商品は激安(400円-600円くらい)で売られています。こういうのは失敗してもともと。臆せずにチャレンジしてみましょう。

高級デパートコスメブランドはフリマアプリが鉄則

プチプライスのコスメで探しても、気に入ったアイテムが見つからない場合はあります。

また、ケースや見た目がかわいい高級デパートコスメ、やっぱり使いたいですよね。

その場合はまずはデパートコスメを試しに行きましょう。そしてカウンターで試してみて気に入ったら、商品名と色番号をしっかり控えて家に帰りましょう。

このとき美容部員さんに気を遣うなら、「外の自然光で色を見てみたいので」とか「しばらく使ってみないと肌に合うかどうかわからないので」といってカウンターを離れるといいのではないでしょうか?

その後、フリマアプリで商品名と色番号を入力して検索します。珍しい商品でなければたいていは見つかると思います。その中で、自分が納得できる状態と料金のものを選んで購入しましょう。

買ってみたけど気に入らなかったコスメは売る

フリマアプリの醍醐味は出品です。コスメ、買ってみたけど気に入らなかったという場合ありますよね?そういったときにフリマアプリは大活躍します。

また、韓国コスメの項目でも触れましたが、ネット通販では「買ってみたけど失敗だった」というケースが多くなりがちです。ネット通販派の方はフリマアプリを大いに利用しましょう。

フリマアプリはスマホさえあれば誰でもかんたんに出品できます。コスメなら、かさばらないので、定形外郵便物として投函できるので、送料が数百円で済む場合がほとんどです。気軽に出品しましょう。

買ったばかりなら、「◯◯年の◯月に開封しました」などと明記しておくのがおすすめ。古いものはイヤという方に対してアピールできます。

逆に購入して開封してから年月が経っているものはその旨を明記して、「ご理解のある方にご購入をお願いします」と書いておくといいでしょう。

値段の設定は、同じ商品を検索してみて、他の出品価格を参考にします。

ほとんどの場合、売上は微々たるものです。しかし、チリもつもれば何とやら。2、3個売れたら、フリマアプリ内で、あらたに別のコスメを購入できるでしょう。

何よりも、失敗したからといってそのままお蔵入りにしたり、捨ててしまうのはもったいないのです。あなたが気に入らなくても、必要としてる人はいっぱいいます。その方たちに使ってもらいましょう。きっと、売上金額以上のホッコリ感を得られますよ。

5. 身近にディスカウントショップがあれば利用するのもアリ

コスメのディスカウントショップをご存知ですか?

人気のあるデパートコスメや中価格帯コスメブランドの商品もしくは韓国コスメなどがたいてい10~20%ぐらい割引して販売されています。

ときどき駅の地下街などで見かけることがあります。

もしもこういったお店が身近にあるのなら利用するのもアリです。安く買いたいけど、中古のコスメはイヤという方にもおすすめです。

ただし、こういったお店ではほぼテスターは置いていません。リピートする場合や、デパート・ドラッグストアで試してみてから購入しましょう。

コスメのディスカウントショップの欠点は、お店がどこにあるのかよくわからないということと、主に都市部や大きな駅近くにしかない点です。

身近にない場合は交通費がかかることになるのでわざわざ出向く必要はありません。交通費をチャラにするほど安くはない場合が多いです。

ネット通販でもディスカウントストアは数多くあり、例えはこんな感じです。送料無料のサイトが嬉しいですね。在庫はときによって違うのでもしもお気に入りを安く見つけたら購入しておきましょう。

化粧品通販なら格安のコスメデネット

コスメデネット

6. デパート系コスメを定価で買うのは最後の手段

コスメの出費を減らしたいなら、「デパート系コスメをデパートで定価で買う」のは最後の手段にとっておきましょう。

デパート系コスメは宣伝を見るととても良いものに見えます。 また、先鋭的なものが多く、ケースが洗練されています。しかし、中身に絞って比較して、実際に使えるアイテムはどちらが多く見つかるか?というと、プチプラコスメ・中価格帯コスメ・韓国コスメは決して負けてはいません。

また、美容部員さんが、あなたにとって最良のコスメを選ぶのに、必ずしも有益でな存在ではないことは先に伝えた通りです。

どうしてもデパート系コスメブランドにこだわりたい場合も、フリマアプリやディスカウントショップを利用すればお安く手に入れることができます。

優しい美容部員さんとコミュニケーションをとりたい、美容部員さんにメイクをしてもらいたいとか、測定機器で肌を測定してほしい、といった方はおられると思いますが、これらは商品を購入しなくてもやってくれるブランドがほとんどです。

こういったサービスを受けつつ、商品はフリマアプリやディスカウントショップで購入すればいいのです。「それはいくらなんでも厚かましいよ」という方は、ときどきデパートで購入して、普段はフリマアプリやディスカウントショップで購入 する、というのはどうでしょうか?

まとめ

以上がメイク品にかかるコストを低くする方法でした。

まとめると

  • メイクアイテム数を厳選して減らす
  • プチプラコスメ(韓国コスメを含む)→中価格帯→高級デパート系という順序で探す
  • フリマアプリやディスカウントショップを利用する

ということになります。ぜひ試して見てください。