クレジットカードのポイント不使用が不快「リクルートカード」で快適に

クレジットカードを作る際は、「おすすめのクレジットカード◯選」みたいなサイトで上位のカードを選ぶのですが、今まで、その恩恵を感じたことがありませんでした。

それもそのはず。

自分のライフスタイルが、そのクレジットカードがお得となる対象に入っていなかったのです。

クレジットカードのランキングをつける際には、マイルや旅行保険といった旅行関連の特典を加味している場合が多いのですが、著者は全然旅行をしないため、このあたりの恩恵はほぼ受けられません。

また、ポイント還元率の高さだけを比較してもダメだとわかりました。自分が「使える」ポイントでないといくら溜まっても無駄なのです。

そこで、旅行をしないインドア派30代女の著者が、最適のクレジットカード探してみました。

検討したのは以下の6枚です。

  • ビックカメラSuicaカード
  • VIASOカード
  • JR東海エクスプレス・カード
  • Recruit Card
  • wellowカード
  • ZOZOカード

結果、手元に残ったのは以下の3枚です。

  • Recruit Card(リクルートカード)
  • wellowカード
  • ZOZOカード

メインはリクルートカードで美容院がオトクに

この中で一番のお気に入りは「Recruit Card」です。

メインカードとして使用しており、ネット通販および店舗でも、カードで支払える場合は基本的にこのリクルートカードで支払います。また、Paypayやメルペイなどの電子決済にもリクルートカードを登録しています。

リクルートカードを気に入っている最大の理由は、「HOT PEPPER Beautyでポイントが使える」という点です。

今までも、カードを選ぶときには還元率にはこだわるのですが、いざ、使い始めるとポイントのことを忘れて、ある日「ポイントってどうなってるんだっけ?」となります。そこで、調べてみる(←これも結構めんどくさい作業だったりする‼)と、ポイントは溜まってはいるけど、自分にとっては使いみちがない、という場合ばかりでした。これが不快でした。

その点、リクルートカードにしてからは、美容院には定期的に通うので、ポイントの使いっぱぐれが一切なくなりました。

HOT PEPPER Beautyを使って予約すれば、その予約画面内で、たまったポイントを使用するかどうかを選択できます。この時点で、利用額を決めておけば、美容院では何も言わなくても、支払い時にポイントを差し引いた額を請求されます。1ポイント=1円として使えます。

この「クレジットカードで支払った分のポイントをもれなく美容院代にぶっ込む」というのが最高に気持ちいいです。

ちなみにリクルートカードは年会費が永年無料。また、還元率1.2%で、比較的高めとされています。

リクルートカードを作ってみたくなった方はこちらを見てみてください。

あると便利な2枚のサブカード

実は、リクルートカードだけでもいいのですが、他の2枚も「持っていたほうがよりよい」「別に持っていてもいい」と思えたので、用途を棲み分けさせて、3枚所持することにしました。

交通費用のwellowカード

wellowカードというのは、manacaのオートチャージができる唯一のクレジットカードです。
manacaというのは東海地域で使える交通系ICカードなのですが、manacaは愛知県在住で電車移動が多い私には必須です。このmanacaのチャージが、当然私にはめんどくさいため、他に選択肢なく作ってみた交通費用カードです。まぁ仕方なく作ったのですが、いざ使ってみると、ないとめんどくさくなる1枚となりました。
カード自体の感想は「可もなく不可もなく」です。

ZOZOUSEDでの買い物にはZOZO専用カード

ZOZOカードは、年会費無料で、ZOZOTOWN内での買い物には5%のポイントが溜まり、このポイントはZOZOTOWN内の買い物にて1%=1円で使用できます。

これは、もともと「ZOZOARIGATO」というサービスがあって、それに付属した(?)クレジットカードだっと思います。
割引された差額を支援団体などに寄付できるという有料会員サービスで、私はそこそこ共感できるところがあったので、試しに入会してみました。しかし、世間からはすこぶる不評で(笑)、半年ほどで終了してしまいました。
このときのクレジットカードが自動で今の年会費無料のZOZOカードに移行しました。

予定外で持つことになったクレジットカードですが、私は洋服の半分くらいをZOZOUSEDで購入しており、2ヶ月に1度くらいの頻度で買い物するため、ZOZOカードにはそこそこのお得感を感じています。
年会費も無料なので、持っていることに害もないので継続することに決めました。

因みに、現在のZOZOカードはシンプルなシルバーのデザインですが、「ZOZOARIGATO」の際には、ZOZOTOWN内の人気ブランドによる複数のデザインから選ぶ事ができました。たかがデザインですが、このデザイン性に惹かれたというのもあったなぁと、今になって思います。

選ばれなかったカードの理由

  • ビックカメラSuicaカード:Suicaのオートチャージ用として選んだが、Suicaカードのオートチャージは関東圏でないとできないことが判明。
  • VIASOカード:リクルートカードのほうがポイントが貯まる。
  • JR東海エクスプレス・カード:年会費が必要で、新型コロナウィルスによって新幹線にのる頻度が劇的に減ったため。

クレジットカードの見直しは自分の消費スタイルの見直し

今回のクレジットカードの整理によって、ポイントの使いっぱぐれが解消されてほんとラクになったのですが、同時に、自分がどこでどれくらいお金を使っているかが良くわかりました。こういうことが感覚的に分かるのは節約につながるかもしれないと思います。